ニュース


サンパウロ総領事館特設ページ

この特設ページは,リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピックの機会にサンパウロに立ち寄る方のために在サンパウロ日本国総領事館が作成したサイトです。サンパウロに在住の方も是非ご活用ください。
リオデジャネイロについての情報については、リオ総領事館特設ページをご参照ください。
http://www.rio.br.emb-japan.go.jp/itpr_ja/rio2016.html

 

下記のバナーはリオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピック日本人訪問者サンパウロ支援委員会の特設ページです。

在サンパウロ日本国総領事館作成リーフレット「サンパウロに行く前に」
 渡航前の注意事項がまとまっています。渡航前にお読みください。
サンパウロに行く前に(総領事館から大切なお知らせ)(PDF


在サンパウロ日本国総領事館作成リーフレット「サンパウロで困ったら」
 犯罪・事故に巻き込まれた際の手続きがまとまっています。万が一に備えて、印刷して旅行の間持ち歩くようにして下さい。
サンパウロで困ったら(総領事館から大切なお知らせ)(PDF


(1)安全の手引き(詳細版)
サンパウロの治安情勢に基づき、サンパウロに滞在する上で必要な安全対策や事件等に遭遇してしまった場合の対処法等を掲載していますので、渡航前にお読みください。
サンパウロにおける安全の手引き 詳細版(PDF)

(2)たびレジ【旅行者向け】                                     
外務省海外旅行登録「たびレジ」は,3か月未満の短期渡航者が海外での滞在情報(旅程,滞在先,連絡先等)を登録する制度です。ご登録いただきますと,大規模災害や暴動等の緊急事態が発生した場合には,緊急一斉通報により,安全に関する情報をメールで自動的に受け取ることができます。また,いざという時の安否確認の対象になります。ブラジルへ渡航される前に必ずご登録をお願いします。また,より簡便に海外安全情報を入手し,「たびレジ」にも登録できるスマートフォン用の海外安全アプリもご活用ください(海外安全アプリ APP StoreまたはGoogle Play 「海外安全」で検索)。
「たびレジ」自動メール配信サービス

(3)メールマガジン【在留邦人向け】(当地の詳細情報の提供)
在サンパウロ日本国総領事館は,メールマガジンサービスを提供しています。ご登録いただきますと,当地で日々発生している事件・事故の詳細情報,感染症情報,交通情報等を自動的に受け取ることができます。渡航される前に必ずご登録をお願いします。
「メールマガジン」自動メール配信サービス

(4)外務省海外安全ホームページ
 外務省海外安全ホームページにおいて,安全情報,危険情報,広域情報,スポット情報等の最新情報を提供しています。
外務省海外安全ホームページ

(5)テロに関する注意喚起

ア ブラジルにおいては,過去約30年にわたりテロは発生していませんが,最近では,イスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)のような過激な組織がその影響力を拡大しており,SNS等を利用してブラジルにも支持者を獲得しています。7月21日以降,ブラジル連邦警察がISILの宣伝及びテロ犯罪行為の準備に関与したとして,複数のブラジル国籍者の身柄を拘束しています。

イ オリンピック・パラリンピックのような大規模イベントを狙ったテロが発生する可能性を否定することはできませんし,今回のオリンピック・パラリンピック開催期間中に,邦人がテロ・誘拐などの不測の事態に巻き込まれる可能性も排除できず,十分な注意が必要です。
   
ウ 以上を踏まえ,テロの危険から身を守るために,次のような点に注意して行動してください。
○ 十分な安全対策をとっている施設・ホテルを滞在先に選ぶとともに,非常口や退避ルートを確認しておく。
○ 目立つ服装,目立つ車両,目立つ行動を避ける。
○ 人が多く集まる場所では,滞在時間を可能な限り短くする,または不要の出入りを控える等,細心の注意を払う。
○ イヤホン等で音楽を聞くなどして,外部の音を遮断しない。
○ ハイヒールやサンダル,半ズボン等を極力避け,即座に避難できる服装を心掛ける。
○ 現地情報を収集(たびレジ・サンパウロ総領事館メールマガジンへの登録等)するとともに,危険地域,攻撃対象となる可能性が高い場所には近づかない。
○ 家族・会社へ旅程を事前周知するとともに,行動を共にする人がいる場合には,緊急時の集合場所をあらかじめ決めておく。
○ 不自然な行動をとる人物や不審物を発見したら直ちにその場から離れる。

 


(1)予防接種
現在,ブラジルに入国する際に義務づけられた予防接種はありません。しかし,イグアスの滝,ブラジリア,ベロオリゾンテ,マナウスは世界保健機関(WHO)による黄熱ワクチン推奨地域となっており,黄熱の予防接種を受けることをお勧めします。黄熱予防接種は,接種から10日後に有効になります。また,黄熱予防接種後4週間は他のワクチン接種ができません。その他,A型・B型肝炎,破傷風の予防接種をお勧めします。また,6月以降は南半球でインフルエンザ流行の可能性がありますので,手洗いやうがいなどに努め,感染予防を心がけてください。黄熱病の流行地域等の詳細は,以下の厚生労働省検疫所HPにより確認してください。
厚生労働省検疫所(FORTH)HP
「オリンピック・パラリンピックでブラジルへ渡航される方へ」
http://www.forth.go.jp/news/2016/02051708.html
「黄熱病に注意しましょう!」
http://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html

(2)旅行中の感染症予防 
黄熱病と同様,蚊を媒体とするデング熱やジカウイルス感染症にも注意が必要です。特に,最近ではジカウイルス感染症が流行しています。ジカウイルス感染症の潜伏期は2~12日(多くは2~7日)とされています。主な症状は,軽度の発熱,頭痛,筋肉痛,関節痛,斑丘疹,結膜炎,疲労感,倦怠感等です。
ジカウイルス感染症には有効なワクチンもなく,現状,蚊に刺されないことが唯一の予防策です。外出する際には長袖,長ズボン等の着用により肌の露出を少なくしてください。また,蚊の忌避剤(虫除けスプレー等)を2~3時間おきに塗布してください。
近年,ブラジルにおいて小頭症の新生児が増えており,ジカウイルスとの関連が示唆されています。妊娠中の方及び妊娠の可能性のある方は,ブラジルへの渡航・滞在を可能な限りお控えください。やむを得ず渡航する場合は,蚊に刺されないようにしっかりと予防措置を講じてください。
すべての蚊がジカウイルスを保有している訳ではないので,蚊に刺されたことだけで過度に心配する必要はありませんが,心配な場合は,帰国時に空港等の検疫所でご相談ください。また,帰国後に心配なことがある場合は,最寄りの保健所等に御相談ください。なお,発熱等の症状がある場合には,医療機関を受診してください。
ジカウイルス感染症の詳細は,以下の厚生労働省HPにより確認してください。
厚生労働省HP
「ジカウイルス感染症に関するQ&Aについて」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html 
厚生労働省検疫所(FORTH)HP
「渡航時におけるジカウイルス感染症への注意について」
http://www.forth.go.jp/news/2016/01261317.html 

内閣官房国際感染症対策調整室
「ジカ熱に注意!」
https://www.youtube.com/watch?v=3-pYqEaeNsc(link YouTube)




  ブラジルの公立医療機関は,SUS(統一医療システム)の下,無料で診察や治療,予防接種等を受けることができますが,利用者が多く,受診まで時間がかかる場合や診療科目や設備が限られている場合があります。そのためブラジルで外国人が診療を受ける場合,私立病院に行くことになりますが,一般的に私立病院は非常に高額です。また,病状や怪我の程度によっては,多額な医療費負担となる場合があります。そのため,ブラジルへの渡航にあたり,必ず海外旅行保険に加入してください。保険の限度額やサービス・条件の範囲は保険会社により異なりますので,内容をよく確認してください。保険代理店,旅行代理店,インターネット,成田空港等において申し込みをし,加入することができます。
ただし,海外旅行保険に加入していても,一度,全額立て替え払いが必要となるケースが多いので,ご注意ください。また,現金または小切手でのみ受け付ける病院もあるため,少なくとも500レアル程度(3月末現在のレート換算で約15,000円)のブラジル通貨,及びクレジットカードを所持してください。


【日本語の通じるサンパウロの救急医療機関一覧】
○日伯友好病院(Hospital Nipo-Brasileiro)(24時間対応)
   住所:Rua Pistóia 100, Parque Novo Mundo,Sao Paulo-SP
   電話:+55-11-2633-2282(日本語対応可能)
 
○リベルダーデ医療センター(Centro Medico Liberdade)(月~金:7時~18時半、土:8時~11時半)
    住所:Rua Fagundes 121, Liberdade,Sao Paulo-SP
      電話:+55-11-3274-6500/6555/6540(日本語対応可能)
 
○サンタクルス病院(Hospital SantaCruz)(24時間対応)
   受診に際しては、事前に連絡をしてください。
   住所:Rua Santa Cruz 398, Vila Mariana,Sao Paulo-SP
   フリーダイヤル:0800-778-2016(日本語対応可能)
      電話:+55-11-5080-2000 

 ※8月2日~21日、9月7日~18日の期間、リオデジャネイロ市内の病院に日本語を話す医師と看護師
を派遣。詳細はこちら



本来、ブラジルへの入国には査証が必要ですが、ブラジル政府は、本年6月1日から9月18日まで日本人に対して観光目的でのブラジル入国につき査証が免除されます。滞在可能期間は,最初のブラジル入国日より最高90日間であり,延長はできません。査証免除は観光目的のみでの入国に限って認められており,商用,営利目的,研究活動,インターンシップ,留学等は除かれています。
以下の在名古屋ブラジル総領事館HPに詳細な情報が掲載されていますので確認してください。
http://nagoia.itamaraty.gov.br/ja/rio_2016rrrrrrrrrrrrrrr_.xml

 


(1)入国
ブラジルへの入国時に入国審査,税関検査等があります。入国時に飛行機の機内で配られる出入国カード(Cartao de Entrada / Saida)に記入して係官に提出します。旅券とともに入国印の押された出入国カードが返却されますので,出国時まで保管してください。

(2)通関・免税
ブラジル入国に際し,携行品情報として以下の物品を所持する場合,旅行者資産電子申請書(e-DBV)に記入して申告する義務があります。関税の支払いはインターネットまたは現地の税関で行うことになります。
〈申告対象物品〉
動物,野菜,種,動植物製品,獣医が使用する製品,農薬やその他毒物,薬品,危険物,洗浄用薬品,有機原料,個人使用ではない医薬品,子供用の食品,武器または弾薬,商業・工業用目的の製品または最終的な所有者により税関検査を受ける必要がある製品,ブラジル居住者以外の場合(一時入国のための空海路入国者)は,10,000レアル相当額(3月末現在のレート換算で約30万円)を超える通貨
詳細については,以下のブラジル連邦税務局HPより確認してください。 
http://idg.receita.fazenda.gov.br/orientacao/aduaneira/viagens-internacionais/guia-do-viajante

(3)出国
ブラジルから出国する際には,入国時に旅券とともに受け取った出入国カードを提出する必要があります。時間帯や航空会社にもよりますが,大会期間中は航空会社のカウンターや出国審査が混雑していて,諸手続にかなりの時間を要することが予想されますので,時間に余裕を持って空港に到着してください。


(1)早めの行動・軽装
大会期間中,市内は交通規制などにより道路渋滞が激しくなり,地下鉄の利用客も増加するなど,相当な混雑が予想されます。競技場へは時間に余裕をもってお出かけください。競技場入場に際しては,セキュリティ・チェックが行われるため,入場に時間がかかります。できるだけ軽装でお出かけください。

(2)競技施設内持込み制限物品
    各競技施設では持ち込み制限を行います。アリーナ・コリンチャンスでは,小さな透明のバッグのみ持ち込みが認められています。一度没収された物品は所有者に返還されない可能性もありますので,ご注意ください。
持ち込みが制限されている主な物品は,以下のとおりです。
・透明ではないバッグ(小さな透明のバッグのみ持ち込み可(リュック等は持ち込み禁止)
・ガラス容器
・アルコール飲料
・過剰なノイズを発する機器
・レーザー機器(レーザーポインター等)
・火薬類
・違法薬物
詳細は以下のリオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピック組織委員会HPにより確認してください。 https://ingressos.rio2016.com/terms#tla 

https://www.rio2016.com/en/venues/corinthians-arena 

(3)観戦チケットの扱い
    観戦チケットは正規の方法で入手してください。偽チケットが出回る可能性がありますので,偽チケット売人(ダフ屋)から購入しないでください。
ブラジルの法律では,たとえ自分名義の入場券であっても,入場券を転売することは犯罪となります。また,その転売されたチケットを購入すること自体,犯罪になり得ますので,ご注意ください。2014年ワールドカップブラジル大会では,入場券を転売した疑いによる身柄拘束事案が多々ありましたので,絶対に転売行為に関わらないでください。 
 

(4)試合会場までのアクセス
サンパウロではアリーナ・コリンチャンス(Arena Corinthians)において,サッカー10試合(男子:4試合,女子6試合)が開催されるところ,会場までの主要交通機関は以下のとおりです。試合当日は相当な混雑が予想されますので,自家用車は避け,公共交通機関を利用してください。また,往路とともに復路の乗車券もあらかじめ購入しておくとともに,交通機関の時刻表を過信することなく,余裕を持って行動してください。午後10時に試合開始となる8月10日(水),13日(土)は,試合終了時刻を考慮し,事前に復路の交通手段について検討してください。なお,路線図等の詳細事項や最新のデータに関しましては,サンパウロ州交通局( www.metro.sp.gov.br)を参照ください(英語版あり)。
 

サンパウロ近郊列車(CPTM)11号線(Linha 11 – Coral

試合開催日には,サンパウロ近郊列車(CPTM)11号線(Linha 11 – Coral)が,サ ンパウロ市内のルス(Luz)駅4番ホームから試合会場最寄りのコリンチャンス・イタケラ(Corinthians – Itaquera)駅までの間を直通運転します(所要時間:19分)。ただし,午後7時に試合開始となる8月10日(水),12日(金)については,午後2時から午後5時までの間が直通運転となり,午後5時から午後7時までの間は通常運転(各駅停車)となります。
【運行時間】
日曜日から金曜日:午前4時から午前0時までの間 (現在のところ,午後10時に試合開始となる8月10日(水)も運行時間に変更はありません)
土曜日:午前4時から午前1時までの間
(ただし,CPTM担当者によればサンパウロ市内に向かう列車は午前0時までです。
現在のところ,午後10時に試合開始となる8月13日(土)も運行時間に変更は ありません)
【料  金】 3.80レアル

地下鉄号線Linha 3 – Vermelha(赤色)),4号線Linha 4 – Amarela(黄色))

地下鉄については,試合開催にかかわらず通常運行となります。試合会場最寄りのコリ ンチャンス・イタケラ(Corinthians – Itaquera)駅までは3号線(Linha 3 – Vermelha)を利用してください。4号線(Linha 4 – Amarela)を利用する場合は,ヘプブリカ(República)駅で3号線(Linha 3 – Vermelha)に乗り換えるか,ルス(Luz)駅でサンパウロ近郊列車(CPTM)11号線(Linha 11 – Coral)に乗り換えてください。
【運行時間】
日曜日から金曜日:午前4時40分から午前0時までの間(現在のところ,午後10時に試合開始となる8月10日(水)も運行時間に変更は ありません)
土曜日:午前4時40分から午前1時までの間 (現在のところ,午後10時に試合開始となる8月13日(土)も運行時間に変更は ありません)
【料  金】 3.80レアル

空港バス

・ 特別運行(Linha especial)
試合開催日には試合開始3時間前まで,グアルーリョス国際空港(第2ターミナル)から試合会場最寄りのコリンチャンス・イタケラ(Corinthians – Itaquera)駅プラットホームEまでバスが運行されます。エアポートバスサービス( www.airportbusservice.com.br )を参照ください(英語版あり)
【料  金】45.50レアル
・ 257号線(Linha 257)
グアルーリョス国際空港(第2ターミナル)からタトゥアペ(Tatuapé)駅北ターミナルまでバスが運行しています。タトゥアペ(Tatuapé)駅において,サンパウロ近郊列車(CPTM)11号線(Linha 11 – Coral)もしくは3号線(Linha 3 – Vermelha)に乗り換えてください。
【料  金】5.55レアル

路線バス

路線バスについては,サンパウロ市運輸株式会社(SPTrans)( www.sptrans.com.br
を参照ください(ポルトガル語版のみ)。



(1)在外公館等
在サンパウロ日本国総領事館
 住所:Avenida Paulista, 854, 3°andar, São Paulo
電話:+55-11-3254-0100 FAX:+55-11-3254-0110
管轄:サッカー試合会場 Arena Corinthias(サンパウロ)
在リオデジャネイロ日本国総領事館
住所:Praia do Flamengo, 200-10°andar, Flamengo, Rio de Janeiro, RJ, Brasil 22210-901
最寄駅:地下鉄1号線,2号線 ラルゴ・ド・マッシャード駅
(Metrô Linha1,Linha2 Largo do Machado)
電話:+55-21-3461-9595  FAX:+55-21-3235-2241
管轄:オリンピック・パラリンピック主要会場
  サッカー試合会場 Estádio Mineirão(ベロオリゾンテ)
外務省連絡室(オリンピック大会前に開設予定) 
場所:Cidade das Artes(シダージ・ダス・アルテス内)
住所:Avenida das Américas, 5300, Barra da Tijuca - Rio de Janeiro, RJ
   最寄駅:BRT Terminal Alvorada駅
在ブラジル大使館
住所:Avenida Das Nações, Quadra 811, Lote39, Setor Embaixada Sul, Brasília 
電話:+55-61-3442-4200 FAX:+55-61-3242-0738
管轄:サッカー試合会場 Estádio Mané Garrincha(ブラジリア)
Arena Fonte Nova(サルバドール)
在マナウス日本国総領事館
 住所:Rua Fortaleza, 416 – Adrianópolis, Manaus
電話:+55-92-3232-2000  FAX:+55-92-3232-6073
管轄:サッカー試合会場 Arena Amazônia(マナウス)
在クリチバ日本国総領事館
 住所:Rua Marechal Deodoro, 630–Ed. CCI, 18°andar Curitiba
電話:+55-41-3322-4919  FAX:+55-41-3222-0499
在ベレン領事事務所
 住所:Avenida Magalhães Barata, 651 Edif. Belém Office Center, 7º andar Belém
電話:+55-91-3249-3344  FAX:+55-91-3249-1016
在ポルトアレグレ領事事務所
 住所:Avenida João Obino, 467 – Petrópolis Porto Alegre
電話:+55-51-3334-1299  FAX:+55-51-3334-1742
在レシフェ領事事務所
 住所:Rua Padre Carapuceiro, 733 – 14º andar Ed. Empresarial Center I, Boa Viagem Recife
電話:+55-81-3207-0190  FAX:+55-81-3465-9140
 
(2)警察、救急車
軍警察190(日本の110番に相当)
軍警察は日本警察の地域部門(交番やパトカー),機動隊に相当する業務を担当しています。犯罪被害や交通事故に遭った際,現場に警察を呼ぶ場合は190番に電話してください。
文民警察 
文民警察は日本警察の刑事部門に相当し,犯罪捜査を担当します。被害届は犯罪が発生した地区の文民警察署に届け出ることが原則ですが,観光客等の短期滞在者は最寄りの文民警察署または文民警察旅客対応専門部(DETUR)に被害届を提出することができます
旅客対応第一警察署(9:00~19:00)
住所:Rua da Cantareira, nº 390, Centro, São Paulo(市営市場横)
電話:+55-11-3257-4475
被害届出の際に警察調書が作成されます。先方からの質問内容は,こちらの警察調書モデルに添った内容になりますのでご参照ください。
救急車
192(病気で具合が悪いとき)
193(事故のとき)
上記電話番号はポルトガル語しか通じない場合があります。
日本語の通じる救急医療機関に連絡されることをお勧めします。

 


・サンパウロから日本へかける場合
国際通話識別番号  +  日本国番号  + 市外局番と携帯電話の  + 相手先電話番号
(0021、0031等)     (81)     最初の0を除いた番号
例:サンパウロから日本の外務省(03-3580-3311)へ電話をかける場合
→ 0021-81-3-3580-3311 
 
・日本からサンパウロへかける場合
電話会社番号 + 国際通話識別番号 + ブラジル国番号 + サンパウロ市外局番 +相手先電話番号
(001等)        (010)        (55)      (11)
例:日本から在サンパウロ日本国総領事館(3254-0100)へ電話をかける場合
→ 001-010-55-11-3254-0100
 

 

 

サンパウロ市
サンパウロ市